更年期障害の影響 | ヘアカラーをして気分を変えよう!【カラーチェンジのススメ】

更年期障害の影響

赤毛の女性

更年期障害の薄毛について

AGA(男性型脱毛症)は、男性特有の脱毛が徐々に進行していく症状です。おもに男性ホルモンや遺伝の影響で脱毛が引き起こされます。しかし、これが女性の方でもAGAにっかる方も増えているのです。それは更年期障害が関係してくるのです。更年期になると、女性ホルモンの分泌量が減ってきます。女性でもこれまでは男性ホルモンは少なからず持ってはいてのですが、それでも女性ホルモンのほうが分泌量が多く優位に立っていたので薄毛を感じることはなかったのですが、更年期となりその分泌量が減ってくると男性ホルモンのほうが優位に立ってきます。そうすることで、AGAを発症してしまう方が増えているのです。男性と違い特徴としては広範囲に薄毛が進行していきます。

更年期の抜け毛の対処方法

更年期障害による女性の薄毛の効果的な対処法ですが、まずは食生活や生活習慣を改善させることです。ウォーキングをするだけでも血行促進につながります。また、薬で薄毛治療をすることもできます。男性だとプロペシアを服用しますが男性専用の薄毛治療薬ですので妊娠中の女性には使用ができないです。しかし、ミノキシジルであれば女性での薄毛治療でも使われています。血行を促進させて発毛に効果のある薬になります。また、抜け毛の進行防止と発毛の促進に効果のあるパントガールという内服薬も育毛の治療薬として開発されています。最近では、育毛サロンや頭髪クリニックもどんどん出店していますので、もはや薄毛は男性だけのものではないので女性専用のクリニックもあり安心して相談できます。